産後の抜け毛食事対策

産後の薄毛を対策するのに効果的な食べ物

妊娠中から出産にかけて女性ホルモンの分泌量が多くなりますが、産後になると急激に女性ホルモンの分泌量が低下してしまいます。
急激に女性ホルモンの分泌量が低下してしまうと体に負担がかかってしまいホルモンバランスも乱れてしまいます。
それにより抜け毛が増えてきてしまい中には頭皮が見えてしまうほどの薄毛になってしまう事もあります。
産後の抜け毛は時期が経ってホルモンバランスが正常になれば改善されていくのですが、人によっては改善されるのが遅くなってしまう可能性もあります。
抜け毛が増えてしまうと日常生活の中でも支障が出てしまうので対策する必要もあります。
そこで産後の薄毛を対策するのに効果的な食べ物をいくつか挙げていく事にしましょう。

 

納豆

納豆
抜け毛対策でまず必要なのが髪の毛に必要な栄養素を摂取していく事です。
髪の毛に必要な栄養素はタンパク質と女性ホルモンを同等の働きをするイソフラボンで納豆には両方の栄養素が含まれています。納豆を食べてタンパク質とイソフラボンを摂取する事で産後の抜け毛を対策していく事が出来ます。

 

牡蠣菜

髪の毛に必要な栄養素のタンパク質を生成するのに欠かせないのは亜鉛と言われているので産後の抜け毛を対策していく時は亜鉛を摂取する事も大切になってきます。
亜鉛は牡蠣の多く含まれているので産後の抜け毛の対策をする時は食べておきたい食べ物です。
牡蠣の食べ方は生牡蠣や牡蠣鍋などがありますが、火を通してしまうと亜鉛の効果が半減してしまうので火を通さない生牡蠣で食べるといいでしょう。

 

緑黄色野菜

産後の抜け毛を対策していく時は頭皮に必要な栄養素も摂取しておく必要があります。
頭皮に必要な栄養素はビタミンで主に緑黄色野菜に多く含まれています。
最近では肉類を中心に食べる事も多くなっていますが、食生活を改善してみて緑黄色野菜を中心とした食事をすると産後の薄毛を対策していく事が出来るでしょう。
納豆

 

産後の薄毛を対策するのに効果的な食べ物は納豆、牡蠣、緑黄色野菜なので食事のメニューの中に取り入れていくといいでしょう。

産後抜け毛には和食が推奨!!

産後の抜け毛の原因は体内に必要な栄養分を減ることなので、食事で補う事になる訳です。
それで具体的な食品ですが、まず大豆を含む食材は大いに推奨されます。

 

そもそも抜け毛が増えてしまう事は、たいていはエストロゲンが一因なのです。
出産時にはその量が多くなる傾向はありますが、お子様が生まれた後には、その生成量が少なくなる傾向があります。
そして大豆という食材は、エストロゲンに非常に似ている訳です。
それで体の細胞が、エストロゲンが増加したと錯覚するようになり、抜け毛の改善が見込めると言われています。

 

また魚介類なども、1つのポイントになってくるのです。
中でもタンパク質を含む食材は、それなりに重要度が高いです。
そもそも髪の毛などは、ケラチンと呼ばれる成分で作られている事は間違いありません。いわゆるタンパク質の一種なのですが、それはマグロやカツオなどの魚介類に多く含まれている傾向があります。
それが毛髪の主たる材料になり、抜け毛が解消されると見込める訳です。

 

和食

 

また体毛には、ミネラルなども大きく関わってきます。
体毛が正常に育つ為には、ミネラル分が一定量は必要になる訳です。
どういう食材にそれが含まれるかというと、ワカメやヒジキなどが挙げられます。前者のワカメなどは、育毛に関心がある方々が、ちょっと気にしている食材の1つでしょう。それは産後抜け毛に対しても、一定の力が期待できる訳です。
これらを考慮すると、主に魚介類や大豆などの食材が、産後抜け毛に対して一定の力が期待できる訳です。おおむね和食に対して、それが食材が含まれている傾向があります。

 

したがって産後抜け毛が気になる時には、ちょっと和食の摂取を心がけてみると良いでしょう。

産後の抜け毛への食事対策

私は産後2ヶ月くらいから、抜け毛が始まりました。

 

お風呂でシャンプーをしていると指の隙間に抜けた毛が絡みつくくらい抜けており、毎日ホラー映画のようでした。

 

排水口は1日でいっぱいで抜けた毛を見ると悲しくなりました。
これだけ毎日抜けて、禿げてしまうのではないかと思ったくらいでした。私は母乳とミルクと混合育児でした。

 

母乳が出ていると抜け毛がひどいとは聞いていましたが、母乳だけでは子供は足りていなかったので、そんなにたくさんは出でいなかったのではないかと思います。
しかし、子供がなかなか寝ない子で、毎日の疲れから食生活が1日2食の日が多くなり、栄養が足りていなかったのかもと振り返れば思います。

 

髪型は子育てで忙しくなるので、産前に肩くらいの長さに髪を切りました。

 

ショートカットにしようか迷いましたが、美容師さんが「結べた方がいいよ」とのアドバイスがありこの長さにしました。結果、抜け毛で生えてきた毛がチクチクと出てくるし、育児疲れで髪は乾かす時間もなくボサボサのままなのでさっとまとめられるしこの長さで良かったです。

 

睡眠すっきり

 

それに、髪の毛が太く黒いので家中に落ちた毛が目につき、髪を束ねていないと家中抜け毛だらけになるので、結べる長さにしておいてよかったなぁと感じました。抜け毛対策として、ワカメやもずくを食べるようにしていました。

 

それと、寝不足続きでなかなか食欲が湧かなかったのですが、調理せずに簡単に口に運べる果物や野菜は食べるように心がけていました。寝不足も抜け毛には影響があるみたいなので、子供が寝ている時は、できるだけ私も寝るようにしました。

 

シャンプーや育毛剤は母乳に影響があっては困るので使用しませんでした。

 

抜け毛緩和のシャンプーなどについての知識もなかったので、もし知識があればシャンプーや育毛剤を購入していたかもしれません。

 

出産後抜け毛対策TOPへ

【産後抜け毛の食事対策】出産後から始まった抜け毛

私が抜け毛が多くなったことに気付いたのは出産してしばらくたった頃でした。いつものようにお風呂に入って髪の毛を洗っていると指の間に抜けた髪が絡みついているのです。

 

指に絡みついた髪を流しまた洗い始めるとまた抜けているのです。出産するまではこんなに髪が抜けることがなかったので少し心配になったくらいです。

 

産まれた時から身体が弱かった娘は熱を出したり、ひきつけを起こしたりと気が休まることがありませんでした。

 

夜も寝れない日が多かったので疲れ切っていた為、食事もまともに摂れません。
抜け毛が酷くなった頃、同時に皮膚病にかかり病院で診てもらうと免疫力が下がっているからとにかく休むように言われたのです。

 

産後抜け毛食事対策

ですが、子供の面倒を見なくてはならないので休むことは出来ませんでした。
せめて食事だけはきちんと摂って髪の抜け毛と皮膚病を良くしていこうと努めました。

 

娘を母乳のみで育てていたので栄養が取られているから抜け毛が治まらないのかと思いバランスの良い食事を心がけました。

 

インターネットで抜け毛に良い食事を調べると亜鉛や鉄を摂ると良いことを知りホウレン草やレバーを摂るようにし、
とにかく少なくてもいいので品数を多くとるようにしたのです。
出来るだけ色々な栄養が摂取できるように肉、野菜、きのこ類、海藻類、イモ類、豆製品など1回の食事でたくさんの栄養が摂れるようにしたのです。

 

髪形も髪に負担をかけないように短くショートカットにしました。

 

食事をバランスよく作るのは本当に大変だったのですが抜け毛を減らすために頑張りました。

 

睡眠不足やストレスを溜めないようにしたかったのですが子供が小さいという事もあり食事以外は不規則だったと思います。
ですが食事の改善だけでも抜け毛は減っていきました。と同時に皮膚病もだいぶ良くなったのです。
出産してから一年くらいは掛かりましたが確実に抜け毛は減っていきました。髪に良いと言われているものばかり摂取するのではなくバランスよく摂取したことで抜け毛が改善したと思います。

産後抜け毛に効く食事はこれ!

産後は朝晩関係なく赤ちゃんのお世話で疲労困ぱいですよね。

 

私もそんな日々を送っていました。出産して3ヶ月くらい経つ頃から脱衣所やお風呂場の排水口に落ちる髪の毛の量の変化に気づきました。
明らか増えています。恐る恐る自分の頭の生え際を見てみるとかなり頭皮が見えてしまっている状態になっていたのです。

 

原因は不眠不休でのお世話、ストレス、ホルモンバランスの乱れなどからのようです。授乳もあったので薬は避けたいし育毛剤などの薬品を付けた時、赤ちゃんの皮膚や口に触れるのにも抵抗があったので頼りたくありませんでした。

 

そこで試したのが食事療法です。髪の毛を作り出す栄養素を含む食材を毎回の食事に盛り込みました。

 

1つ目は大豆製品です。イソフラボンは女性ホルモンを増やしてくれます。冷奴や湯豆腐、納豆はよく食べていました。
あとはノンカフェインのコーヒーや紅茶に豆乳を多めに入れてカフェオレやミルクティーのようにして摂っていました。

 

2つ目は海藻類です。ミネラルも髪に良い栄養素です。多くの種類の中中でひじきやわかめが比較的摂取しやすかったです。
ひじきは煮付けやハンバーグに混ぜたり、わかめは湯がいてサラダに添えたりしました。汁物に入れるとたくさん食べられたのでわかめスープもよく作りました。
3つ目はきのこ類です。分厚いしいたけは素焼きしてポン酢やお醤油で丸ごと食べたり、煮付けたりしていました。きのこ類は年中価格が安定していますし多くの種類が売っています。冷凍すると旨味が増すので、いつでも使えるように切った状態のものを常に冷凍保存していました。

 

4つ目はマグロやカツオなどの魚です。生食も良いですが食べやすく唐揚げにしても気分が変わって美味しく食べられます。
お肉も食べたいですがぜひこの時期のタンパク質はお魚から摂れるようにしたいですね。

 

5つ目は緑黄色野菜やイモ類です。ビタミンはやはり欠かせません。おやつ代わりにミニトマトや焼き芋などを口にされてはいかがでしょうか。
以上5つが産後抜け毛におすすめの食材です。
母乳のこともありますからやはりバランスのとれた和食を心掛ける事が出来ると良いですね。
ただ、毎回自分で調理して片付けてという家事のストレスもあるかもしれませんので時には外食やデリバリー、コンビニエンスストア商品に頼りながら行ってみてください。

 

産後1年もすればホルモンバランスも安定して抜け毛は減ってきます。ぜひ過度に考え込まずに赤ちゃんとの時間をすごしてくださいね。